http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=design

GOLD - 甲斐バンド

ロンドンオリンピックももうすぐフィナーレ。
出だしはメダルの数が心配されていた日本選手も
尻上がりに活躍を見せて
本日時点で金x5、銀x14、銅x15の計34個
のメダルを獲得しています。

中でも
レスリングの伊調馨、吉田沙保里の2人は
オリンピック3連続の金メダルの快挙。

そして残念だったのが
女子サッカーのなでしこ軍団。
惜しくも宿敵アメリカに敗退しての
銀メダルでした。

でもやっぱりメダルの色は
黄金色が良かった。

金と銀。
小さい頃遊んだ色紙でも
輝きを放つ特別な色でした。

それでも2つの色の間には
決定的な違いがあるのかもしれません。


GOLD(紙ジャケット仕様)


GOLD

と名付けられた甲斐バンドの10枚目のオリジナルアルバム。
ニューヨーク3部作の1つでもあり
鬼才ボブ・クリアマウンテンが手掛けたアルバムは

ブライアン・フェリー
ブライアン・アダムス
ブルース・スプリングスティーン


なんかのテイストも感じる曲が収められた
意欲作です。

バンドの変質を感じつつ
このアルバムの発表後に
新宿副都心の通称「ZONE」と呼ばれた
都有地で行われた野外ライブ

BIG GIG

では数万人の観客が歓喜しました。

日本のロックバンドとしても
甲斐バンドとしても
ピークだったようにも感じます。


いつか二人も死ぬ
この輝きと引き換えに
命も愛も死んでゆく
流す涙のあともない
甘い夢も消えてゆき
二度と見ることもない
体も顔もくずれてゆく
褪せたGOLDになっちまう
だから



表彰台に立って
金色のメダルを授与されるシーンは
まさに

光ってるよお前が

という言葉のとおり
メダルの輝き以上に
その笑顔が光を放っています。

残り数日の活躍を期待します。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する