http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=design

記憶の渚にて - 白石一文

記憶の渚にて記憶の渚にて


たしか新聞だったと思うが
書評を見て是非読んでみたいと期待を膨らませ
久しぶりに白石一文氏の作品を手にする。

ハードカバー500ページ弱。
登場人物も多く
複雑に織りなされた人間関係が
少々難解ではあるが
それでもミステリーのように
引き込まれる展開は見事。
一気に、とは行きませんでしたが
じっくりと楽しませていただきました。

テーマは記憶。
クラウドコンピューティングのアナロジーは
なかなか興味深い。
遺伝情報をはじめとしたパスワードを使って
記憶の海にアクセスして
過去世の、そして未来の記憶と反応する。

映像化するとおもしろい作品になりそうな予感。



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する