http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=design

R.I.P. シーナ

シーナ&ロケッツのヴォーカル、シーナの訃報が。
1979年リリースのYMO、細野晴臣プロデュースのアルバム
真空パック』でその存在を知り、
その後もロック一筋で走ってきた感があります。
シーナの存在は大きすぎますが
鮎川誠がきっとそのスピリットを保ち続けることでしょう。

ロック姐さん、安らかに。


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する