http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=design

トリビュート競演 - ブルース・スプリングスティーン & ジャクソン・ブラウン

迷いと混乱の中沈んでいた70年代
救ってくれたのは


ブルース・スプリングスティーン



ジャクソン・ブラウン

と『初恋』の中で浜田省吾が歌う
気になる2大ロック・シンガーのトリビュート盤がリリースされています。


まずはブルース・スプリングスティーン。
タイトルは『ブルース・スプリングスティーン・トリビュート』。

ブルース・スプリングスティーン・トリビュート [Blu-ray]

2013年のトリビュート・コンサートの模様を収めたDVD/Blu-ray盤です。
ニール・ヤング、スティング、エルトン・ジョンなど
大物によるBOSSを讃えるライブ・パフォーマンス。


一方、ジャクソン・ブラウンは『Looking into You: A Tribute to Jackson Browne』。

Looking into You: A Tribute to Jackson Browne

ドン・ヘンリー、J.D・サウザーなどが参加。
2枚組で現在のところ輸入盤のみでしょうか。


この二人、それぞれ互いのトリビュート盤に参加しているのが
興味深い。
日本のアーティストが参加していないのが残念ですが
浜田省吾だったら何を歌っていただろうか…。




ブルース・スプリングスティーン スピーチ全文:

「音楽は私たちの心にひらめきや癒やし、
時には怒りを与え、人生の節目を彩ってきました。
音楽は 私たちが悩める時や戦う時も支えてくれます。
私たちを笑わせ 勇気づけ知恵を授けてくれます。
音楽は私たちを育んでくれます。
あなたは 音楽の魔法を信じますか?
私は 音楽の魔法を目の当たりにしてきました。
気持ちが落ち込み、疲れ切った人々が音楽に触れることで、
立ち上がって踊り出すのを見たことがあります。
音楽は人生そのものであり、欠かすことはできません。
ここにいる皆さんを含めミュージシャンとは常に探究する人種です。
何かを探求し、常に さまよっています。
98パーセントの時間はさまよっていて、突然 答えを見つけます。
自分の内にある最高の創造力を探し求め、
ファンや観客の心に訴えようと努力します。
ニール・ヤングの自伝の言葉を借りるなら、
私たちは偉大になりたいのです。
人々に影響を与えたい、それが願いです。
金持ちになることや名声を得ることは二の次で、
偉大なミュージシャンになりたいと願ってきました。
聴く人がいるからこそ、私たちの才能が引き出されるのです。
踊り出したり、愛し合いたくなるような音楽。
立ち上がりたくなる曲を作り、聴く人の腕に鳥肌が立ち、
興奮するような演奏がしたいのです。
“生きていてよかった”と感じてもらいたい。
それが私の望みです。
ミュージシャン仲間の皆さん私と私の曲に敬意を表してくれてありがとう」
―ブルース・スプリングスティーン


(引用元:http://www.sonymusic.co.jp/artist/BruceSpringsteen/info/437159


ジャクソン・ブラウン『Looking into You: A Tribute to Jackson Browne』フル視聴:
http://amass.jp/38973
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する