http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=design
Read more

ジャクソン・ブラウン―ライブ盤に込めた思い

本日の読売新聞夕刊にジャクソン・ブラウンの記事が。出典:読売新聞(2017年11月9日夕刊)すでに拙ブログでも紹介した来日記念ライブ盤『ロード・イースト -ライヴ・フロム・ジャパン-』に関する内容。目新しさはありませんが「人間の良心 信じている」と見出しに書かれているようにジャクソン・ブラウンの誠実な姿勢をあらためて感じることができます。ロード・イースト -ライヴ・フロム・ジャパン-posted with amazlet at 17.11.0...

Read more

広島のことは決して忘れない―ジャクソン・ブラウン『THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN』

出典:Amazonジャクソン・ブラウンの来日記念盤『THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN』が届きました。2年前、自身も参加した日本公演を編集したライブアルバム。「演奏するのがすごく興味深いとわかった曲」「ライヴ・ショウでとても人気のある曲」という基準で選曲されたようです。収録されたライヴ音源は言わずもがな。添付される解説・対訳ブックレットにはジャクソン・ブラウンのMCの対訳もあって広島公演で『The Crow On The Crad...

Read more

ジャクソン・ブラウン『Running On Empty』

ジャクソン・ブラウンの曲から。1977年のアルバム『Running On Empty』から表題曲『Running On Empty』、邦題『孤独なランナー』。人生という「Road」が思い描いていたものと違っていることを受け入れつつもそれでも走り続けるというライブで定番のロックンロール・ナンバー。『終わりなき疾走』『Midnight Blue Train』『演奏旅行』などの世界観とも重なります。今夜は大阪・オリックス劇場でのライブ。そして、いよいよ明日の広...

Read more

ジャクソン・ブラウン『Lives in the Balance』

ジャクソン・ブラウンの曲から。1986年のアルバム『LIVES IN THE BALANCE』から表題曲『Lives in the Balance』。今回の日本ツアーでも女性コーラスをfeatureしたアレンジで歌ってくれた楽曲の1つ。歌詞は当時のアメリカの軍事的な政策を歌ったheavyなものであるけれど現在の矛盾した不安定な状況にも通じていて色褪せない。浜田省吾もフェイバリットとしてあげていた1曲。Lives in the Balanceposted with amazlet at 17.10.20J...

Read more

ジャクソン・ブラウン JAPAN TOUR 2017 at 東京・Bunkamuraオーチャードホール(※セットリストあり。ネタバレ注意)

ジャクソン・ブラウンの来日公演、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールの3daysの2日目に行って来ました!2年ぶり。逝ってしまった盟友のカヴァーありリクエストに応える即興あり定番の名曲あり。あっという間の3時間弱。心に沁みる素晴らしいステージでした。個人的にはピアノ弾き語りのM06、女性コーラスが際立ったM15が特に良かった。ジャクソン・ブラウンも御年69歳。次に会える日がまたくるかどうか。さて、会場ではパン...