http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=design
Read more

『昭和洋楽』―昭和40年男 2018年8月号

毎号、ノスタルジックな気分を刺激する雑誌『昭和40年男』2018年8月号は「俺たちを虜にした昭和洋楽」が特集テーマ。ノーランズ、オリビア・ニュートン・ジョン、ベイシティ・ローラーズetcと有名どころをはじめ当時の洋楽シーンを色んな切り口で紹介していてなかなか興味深い。機会があったらぜひ書店で手に取ってもらいたい。そんな昭和洋楽から一発屋として紹介されていたザ・ナックの『マイ・シャローナ』を。2018年8月号poste...

Read more

ROCK JET (ロックジェット) VOL.71 はBOØWY特集。浜田省吾の連載もあります!

シンコー・ミュージックMOOK『ROCK JET (ロックジェット)』VOL.71は表紙、巻頭特集はBOØWY。1987年12月24日、渋谷公会堂での解散宣言ライブを収録したライブ映像作品がちょうど30年の歴史を経て2017年12月24日にリリース。タイムリーなBOØWY特集。そして、ロックジェットといえば数少ない浜田省吾を取り上げる貴重なメディアのひとつ。今号も連載記事がカラー含む8ページ!書店で手にするも良しネットでポチるも良し。ROCK JET (ロ...

Read more

俺たち、クルマが好きだ。 ― 『Born in 1965』

隔月刊雑誌『昭和40年男』。10月号は俺たち、クルマが好きだ。というテーマでクルマ特集。70年代、憧れのスーパーカー・ブームから80年代、手が届きそうなスペシャリティーカーなどなどノスタルジックな内容満載。今時の若者はと年寄り染みたもの言いだけど車の購買欲も低く、なかなか売れない受難な時代のようです。自動運転や安心・安全機能など魅力的な車がたくさんあるのに…。金食い虫ではあるけどやっぱり、クルマが好きだと...

Read more

不死身のタイマーズ ~ ROCK JET(ロックジェット)

ROCK JET (ロックジェット) Vol.68はTHE TIMERS 特集。田家さんの記事などかなり贅沢な内容の特集となっています。タイマーズの「ボス」、ゼリーこと忌野清志郎が後期RCサクセションで尖っていく中で結成されたバンド。今ならどんな楽曲でどんなメッセージを歌うだろうか。そして、『浜田省吾と旅して』ということで少ないページですが浜田省吾関連の連載記事も健在!要チェックです。ROCK JET (ロックジェット) VOL.68 (シンコー...

Read more

カエルの楽園

話題のベストセラー作家、百田尚樹氏の著作。実は初めての氏の作品だったりします。カエルを主人公にしてこの現実世界を喩えた哲学的な物語。読み進めるとこのカエルはあのことを、ここはあのことを、とこの国が突き付けられた正解のない問題を想起させます。帯には「衝撃の結末」とありますがこれも実在の人物を想起させるカエルの結末がなんとも悲しい。一気に読めるので機会があれば手にして。...