http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=design
Read more

俺たち、クルマが好きだ。 ― 『Born in 1965』

隔月刊雑誌『昭和40年男』。10月号は俺たち、クルマが好きだ。というテーマでクルマ特集。70年代、憧れのスーパーカー・ブームから80年代、手が届きそうなスペシャリティーカーなどなどノスタルジックな内容満載。今時の若者はと年寄り染みたもの言いだけど車の購買欲も低く、なかなか売れない受難な時代のようです。自動運転や安心・安全機能など魅力的な車がたくさんあるのに…。金食い虫ではあるけどやっぱり、クルマが好きだと...

Read more

不死身のタイマーズ ~ ROCK JET(ロックジェット)

ROCK JET (ロックジェット) Vol.68はTHE TIMERS 特集。田家さんの記事などかなり贅沢な内容の特集となっています。タイマーズの「ボス」、ゼリーこと忌野清志郎が後期RCサクセションで尖っていく中で結成されたバンド。今ならどんな楽曲でどんなメッセージを歌うだろうか。そして、『浜田省吾と旅して』ということで少ないページですが浜田省吾関連の連載記事も健在!要チェックです。ROCK JET (ロックジェット) VOL.68 (シンコー...

Read more

カエルの楽園

話題のベストセラー作家、百田尚樹氏の著作。実は初めての氏の作品だったりします。カエルを主人公にしてこの現実世界を喩えた哲学的な物語。読み進めるとこのカエルはあのことを、ここはあのことを、とこの国が突き付けられた正解のない問題を想起させます。帯には「衝撃の結末」とありますがこれも実在の人物を想起させるカエルの結末がなんとも悲しい。一気に読めるので機会があれば手にして。...

Read more

物欲なき世界

経済の低成長が続くこの国でモノが売れなくなり消費・所有によって幸福を得ることから価値観が変わってきている。そんな時代の生き方のヒントを編集者である著者が多くの雑誌や文献の引用を織り込み展開する持論にとても納得させられます。ライフスタイルへの拘り、所有からシェア、お金とは、幸福とは。まだまだ物欲に囚われている自分を顧みると幸福度は低いのかもしれませんね。『俺は見つけたい 金で買えないものを』とあるソ...

Read more

火花

第153回芥川賞と直木賞の選考結果が発表されました。なんといっても注目はピース又吉直樹の作品『火花』が芥川賞を見事受賞。敬愛する太宰治も逃した芥川賞。芸人としての初受賞はまさに快挙!笑いでも独特のセンスを感じさせる著者。遅ればせながらまだ未読なので是非読んでみたい。他に芥川賞同時受賞は『スクラップ・アンド・ビルド』羽田圭介さん直木賞は『流』東山彰良さん。...