http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=design
Read more

『君に会うまでは』 あとがき

2011年の1月からはじまった自らの闘病記を綴ったブログ小説君に会うまではが昨日の最終話でひとまず幕を下ろしました。当初は40話程度で構想していたのですが気づけば1章5話の16章で80話になっちゃいました。週1回の配信も当初は継続できていましたが一時期書けなくて更新が滞った時もありました。連載小説(って程カッコいいものではないですが)の難しさを知ったようにも思います。同じような病気で苦しんでいる方などに少しでも...

Read more

『君に会うまでは』 第十六章「誕生」 5

『君に会うまでは』 第十六章「誕生」 4--- 数日が経って、赤ちゃんは新生児室から病室へと移され、同じベッドで母子共に過ごすことになった。病院からは、早期にスキンシップを図ることをねらいにしていると説明受けた。よく眠っている。時折、顔を歪めたりした。元気に成長しているようだ。 伸一(のぶかず)と名付けた。 4キロ足らずの小さな身体を抱いていると、ふと昔のことを思い出す。思えばここまでは本当に長かった...

Read more

『君に会うまでは』 第十六章「誕生」 4

『君に会うまでは』 第十六章「誕生」 3--- 分娩室から出てきて、はじめて生まれてきた我が子と対面する。小さなゆりかごのような中で、顔を赤くして精いっぱい泣いている。とても小さくて、弱い存在だけど、精いっぱい自分の存在を主張しているようにも思えた。 ほんのわずかな対面の時間を終えて、看護師に連れられて行ってしまった。しばらくして、彼女もストレッチャーに乗せられて出てきた。意識はしっかりしていた。彼女...

Read more

『君に会うまでは』 第十六章「誕生」 3

『君に会うまでは』 第十六章「誕生」 2--- 心のどこかで、ダメなら仕方ないとあきらめていた部分があったかもしれない。一方で可能性はゼロではないのだし、大丈夫だよと言ってくれた言葉を信じてもいた。僕自身が今こうして普通の暮らしをしていること自体が、あたりまえのようでも、ひょっとして存在すらなくなっていたかもしれないことを考えると、不思議だった。ましてや結婚して、子を持つことになるとは、20数年前には想...

Read more

『君に会うまでは』 第十六章「誕生」 2

『君に会うまでは』 第十六章「誕生」 1--- 結婚をするとこどもが自然にできるというのが、世間一般ではあたりまえのように考えられているのだろう。結婚していることがわかると、「こどもは?」と決まり文句のように訊ねられる。訊く方にとっては悪気はないのだろうけど、不妊で悩む夫婦にとっては、心ないひと言に傷つけられていたりするという。そんな話はいろんなところで聞き知っていたから、自分たちはそんなデリカシーの...